デューロはタイヤの大手メーかーです。  

Posted at 3:36 pm in

タイヤは国産のものがいいと思ってしまうんですが、このデューロは、台湾の大手のメーカーのもので、結構昔からやってる会社です。実績というものも結構あって、国内の大手の自動車メーカーからも、純正の称号をもらえるまでになりました。海外のものは、ちょっとなって思う人もいますが、このブランドのものは、国内大手のメーカーが認めるだけあって、国内の有名なタイヤメーカーとも技術提携をして、かなり品質のいいものを作っています。なので、日本での認知度というのは、すごく高い製品ということになります。バイク用のものとしてのタイヤで認知度があるみたいです。フロント用とリア用というように、タイヤは種類が違うのですが、サイズがあったら、どちらでも使えるというところも利点ですね。タイヤの見た目がスタイリッシュになってるのですが、あまり刻みがないということ、走行すると、グリップ力というのが高いので、安心してのることができるようです。経済的なことからいっても、安めの値段設定なので、街中で、このタイヤに出会えることが多くなっていくのではないかと思います。自転車用のタイヤもよくみると、この製品が使われることが多くなってるようです。値段の安いタイヤ交換はこのブランドのものですね。

デューロ(DURO)のタイヤは世界的にも高品質で知られてます

職場へは冬季以外はバイクを利用して通勤しています。さすがに強い雨など降っていれば諦めてバスを利用します。今年久しぶりにバイクのタイヤを交換しないといけなくなりそうです;タイヤ山はまだ3分程度残っているのですが、カーブなどでは不安定になります。タイヤの交換費用をけちって事故に会いたくないので、雪が溶けたらさっそくコスパの良い、デューロの製品を注文しようと思っています。純正品のタイヤって凄く値が張りますので、半値近い値段のデューロはお気に入りになりました。バイク友達でもDURO(デューロ)タイヤの事をしらない場合があります。国内大手と違って、日本ではまだ馴染みの薄いブランドに数えられるという事でしょうか。安い事で品質が悪いと思われているのかもしれません、しかしホンダやヤマハなど一部車種にデューロ製品を純正指定にしている場合があるほどのメーカーです。世界品質を保持しながらも、優れたコストパフォーマンス(低価格)を実現したタイヤはデューロ以外ではあまり聞きません。私もまだ使用キャリアは短いですが、純正品との違いを見極める意味でもぜひ試しみて下さい。私も以前は何事も純正品_という観念が強かった方ですが、いまではすっかり意識が変わりました。